海の国・森の国ブルターニュ
【 2018/06/24 06:24 】
今回のフランスお茶会のテーマは

「ブルターニュ地方」

年間で1000万人もの観光客が訪れるという

自然に恵まれた農業・漁業が盛んなブルターニュ

どんな特産物があるのでしょう


海の国でもあり森の国でもあるこの都市には

沢山の特産物があります


有名どころとしてはなんといってもそば粉・シードルでしょう

そば粉のガレットやクレープも有名です

9ca81739f52a1860a98566a39dad9137.jpg

シードルはリンゴのお酒ですが

ブルターニュにはなんと

シードル専用のリンゴの品種が植えられているそう

9bafe98a1962d2821a95aec0d58a4826.jpg

又そばの産地であるため

そば100%原料とする世界で一つの「そばウイスキー」なるものも

ウイスキーとくれば

そば100%ビールも造られているんだとか


農業国でもあります

お料理では大変有名な「ゲランドの塩」が特産物代表でしょう

良質な塩の産地であるため

塩スィーツ・塩バターキャラメル・塩クッキーなどなど

faa3e46b6ee6c87fec23e5d8ce52ed40.jpg

漁業も盛んなこの都市では

約8000人が漁業に携わっています


リラックス効果の高いタラソテラピーの発祥も

肌に大変良い成分が含まれている海藻

食べるだけではなく

シャンプーやバスソルトとしても人気の一つなんだそうです


う~んこうして見ると

実に沢山の特産物があるブルターニュ地方

フランスの中で人気があるのも納得です




ランキングの応援よろしくお願いします  



フランス日記 | コメント(0) |
writting 講座参加しました
【 2018/06/20 10:00 】
実際に

自分が書いた文章をその場で添削してもらう講座に参加してきました


事前に与えられたお題は

「ライティングを学んで生かしたい事を400字以内で書く」


私は

フランス人の「自分がやりたいからやる」という

一本筋の通った生き方が好きでそれを伝えたい

又日本人・日本の繊細な部分もフランスに伝えたい

という内容を文章にまとめました


9ae0ab7ec26991d73188e39a69291134_convert_20180619171000.jpg

400字以内に収めるという事はなかなかてこずりました~


講座では

お互いの文章を皆の前で読み

先生からの批評を受け

お互いに感じたことを言い合うという事も


幾つかのアドバイスの中で

「自分が書きたい事を書くのではなく

相手が聞いてメリットがある事を最初に書く」

という事になるほどと納得


確かに人は

じっくり文章を読んではいない

トピックだけをかいつまんで知りたいですよね


1時間半のレッスンで

最後に自分の仕事のPRを3行で書いてみたのですが

その時は先生から「分かりやすくて面白い」と

他の人からは「読んでみたい」とまで言ってもらえました~


私の文章は

語りかけるようなものなので読んでみたくなる

でも繰り返して言ってしまう事が多いから

文字数が決まっているものだと

勿体ないとも


人は皆忙しくて勝手な生きっもの

自分にメリットになる文章しか読まない

皆に興味を持ってもらう事は難しいけど

自分が絞ったターゲットに

興味を持ってもらう内容・文体で書けるよう

頑張りたいです



ランキングの応援よろしくお願いします  




diary | コメント(0) |
パリからの脱出
【 2018/06/15 06:55 】
日本人にとって憧れの街であろうパリ

フランス人にとってもやはりパリは憧れの街
bbccdda6ec19fd5800e68e15c318b96a.jpg 

でもないようなアンケート結果が出ました



国立統計経済研究所の調査では

イル・ド・フランス(パリ近郊)から地方都市へ毎年23万人が移住する


管理職の方々でさえ

約80%がパリ脱出を希望し

実際に実行する人はなんと94%にも上るそう


更に56%の人は収入を減らしてでも

48%は職業を変えてでも35%は役職が低くなってもいい


なぜこんな結果が出たのでしょう?


その理由として挙がるトップ3は


💦通勤時間の長さ(通勤時間に約1時間かけているため)

💦物価が高い

💦住宅の問題


などのようです


因みにパリからどこへ移住したいのでしょうか


♡ボルドー

♡ナント

♡リヨン


が上位3都市となりました


やはりパリからそれほど遠くなく

交通の便も発達しており適度な自然もある

そんなところでしょうか


又どんな人達が移住をしたのか

そして実際の移住生活はどうなのか・・・についてお伝えします



ランキングの応援よろしくお願いします  



フランス日記 | コメント(0) |
私のフランス語っておかしい?
【 2018/06/11 12:00 】
「私のフランス語っておかしい?」

こんな風に思わされる事がありました


たまたま流れて来たお友達のフランス人のFB投稿

彼女が愛犬と一緒に映している写真だったので

「Tu es belle=あなたはキレイ」とコメントしました


普通に返信コメントをくれたのはいいんですが

わざわざ個別のメッセージで

「ありがとう。嬉しかった」と英語で来ました


英語と思ったのですが

私はフランス語で又会いたいとか返したところ

来年日本に来る事・

もし私がフランスに来るなら彼と一緒に案内するよ~と

又又英語で返信


「フランス人なのに

しかも私の文章が長いフランス語なら

あなたのフランス語はいまいち」と思われて

英語で返してきてるとしたらまぁ分かるのですが・・・


結局その後数回やり取りをしました

懲りずに 私=フランス語で

3回目に 彼女=フランス語で


とうとうフランス語で返信くれました


なぜ?英語で?という疑問は残っていますが

フランス語でやり取りを出来た事

アミアンという都市に住んでいる彼女なのですが

そこを案内してくれる・・・なんて優しい言葉を言ってくれた事に

ほっこりした一日でした




ランキングの応援よろしくお願いします  



diary | コメント(0) |
どっぷりハマったフランスday
【 2018/06/06 16:09 】
Institut français(日仏学院)主催

「フランスフェスタ」行ってきました~

IMG_0483_convert_20180606154358.jpg

このイベントは

フランスの地方についての紹介と

独自で申し込んだ「チーズセミナー」などとのコラボ企画


私は南フランスのオクシタニー地方に心惹かれました

IMG_0519_convert_20180606154533.jpg

南フランスと言うと海のイメージですが

城塞に囲まれた山景色や海の景色も大変魅力的な都市で

死ぬまでに一度行ってみたい場所の一つとなりました


そしてチーズセミナーでは

オーヴェルニュ・ローヌアルプス地方・オクシタニー地方のチーズを

IMG_0487_convert_20180606154456.jpg

IMG_0485_convert_20180606154428.jpg

フランスでは「フロマジュエール」と言う職業があるそうで

所謂チーズのプロ

そのフロマジュエールさんに3種のチーズについての説明を受け

実際に食しました


一番上のチーズが

サンネクテールというわらの上で熟成したセミハードタイプのもの

むちっとした感触で

食べやすくて子供も大好きなんだそうです


右下のチーズは

ボーフォールエテというハードタイプのもの


山岳地帯に夏の間解放された牛のミルクを使用

保存食として作られたそう


左下のチーズは

ブルーデコースという青カビチーズの王様の牛乳版で


希少価値である羊から作られているものです

洞窟の中で熟成

IMG_0495_convert_20180606154622.jpg

普段は苦手なオクシタニー地方名産のアオカビチーズですが

チーズのレクチャーと先生のフランス話に乗せられたのか

大変美味しく頂けました

ワインもいいけどチーズも奥深い

IMG_0491_convert_20180606154652.jpg

フランスの景色・チーズ・フランス人に触れた

フランスどっぷりdayでした



ランキングの応援よろしくお願いします  



diary | コメント(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ