粗大ゴミを捨てるのは無料で
【 2017/08/09 11:51 】
”粗大ゴミ”って日本ではやっかいなものですよね

自分にとっては”ゴミ”なのに

それを捨てるにはお金がかかる


フランスではそれらを出すのは電話一本すればいいだけ

しかも無料!


流れを説明すると

粗大ゴミが出た場合

あるコミュニティに電話を入れる


そのコミュニティには

ホームレスなどの「訳アリ」の人達が働いており

彼らが集荷に来てくれキレイにペイントしたり修正したりする

そうやってキレイになった”粗大ゴミ”は売りに出され

従業員にはサラリーが支払われる

という仕組みなんだとか


粗大ゴミを出した本人が

キレイになった製品を再び購入なんてことも


日本でもこの仕組みがあるとお金が周っていいなぁと思います





ランキングの応援よろしくお願いします
 



フランス日記 | コメント(0) |
値上げの嵐
【 2017/08/05 06:31 】
日本にSuicaやPasmoがあるのと同様

フランスパリにも

メトロやRER(フランス国鉄)が乗り放題となるNavigo

というカードが存在します

agenda_navigo-cartes.png

このたびこのNavigoの定期が月額73ユーロ(約9,563円)だったのが

75,2ユーロ(約9,851円)に値上げされ

地下鉄の回数券カルネ10枚つづりも

14,50ユーロ(約1,840円)から14、90ユーロ(約1,951円)に値上がりに


以前このブログでも紹介した

「車の汚染度によって決められている色のステッカー」

こちらも7月から義務化とされました

このステッカーを貼らないと当然罰金68ユーロ(約8,900円)が


値上げに罰金・・・財政的にも苦しいパリです





ランキングの応援よろしくお願いします  


フランス日記 | コメント(0) |
フランスでは勉強に鉛筆は使わない
【 2017/07/31 11:33 】
フランスでは

小学校で使う筆記用具はボールペン

中学生以上になると万年筆だそうです


もちろんデザインなどの授業では鉛筆も使用

敢えて勉強には鉛筆は使用しないんだとか


これはフランス独特の感性の現れなのか

一度書いたものを消せない=キレイに書く

答えが間違っていても答案用紙がキレイだと

それだけで加点されることがあるそう


更に教師も

子供の間違いを見ながらその答えに行き着くまでのプロセスを知れる


日本のように選択式が少なくほとんどが記述式のため

「間違った事を無かったことにする」は没個性となってしまい

「答えさえ正解ならいい」は創意工夫もしないただの素直な良い子供となってしまう


人生とは間違いも多々ある

それをひっくるめての自分で責任を負うのが人生


こういう教育を受けて育つと

こんな考え方になり人間としての気概が養われます


間違いは斜線を引いて消しゴムでは消さない

こんな潔い生き方好きです





ランキングの応援よろしくお願いします  



フランス日記 | コメント(0) |
水分の無いものは苦手~ by フランス人
【 2017/07/21 07:02 】
フランス人は

パサパサした水分のないものが苦手なんだそうです

おにぎりやチャーハンなどなど

フランスで大分浸透してきている和食ですが

彼らはご飯にお醤油をかけて食べたりするし

フランス人も大好き天ぷらに至っては

塩よりつゆ派が圧倒的に多いそう



フランスでも注目されている日本のお弁当

見た目のキレイさや栄養バランスの良さなど

評価は高いのですが

味付けの”甘さ”が多い中身には閉口しているようです


中身というと・・・?

卵焼き・照り焼き・甘い煮物と盛りだくさん

甘いものが一つぐらいなら許せても

沢山となるとつい箸が止まってしまうようで


これは同じ日本人でも味覚の違いで言えることですが

ふと考えたのは

「乾燥しているフランスだから水分のないものはNGなのかな」




ランキングの応援よろしくお願いします  


フランス日記 | コメント(0) |
”ゆとり”モードのフランスの洗濯機
【 2017/07/17 08:48 】
アパルトマンが多いフランス(特にパリ)ですが

日本のように外に洗濯物を干す・・・という事があまりないようです


そんな中フランスのお洗濯ってどんな感じなのでしょう?

610d5716566320ed6f277dd6246b11fd.jpg

まずは洗濯時間ですが

標準洗いでもなんと2時間以上かかるんだとか


フランスのお水は”硬水”のため汚れが落ちにくい

よって水では洗わないそうです


先日もTVで見たところ

2時間ずっとフル稼働しているのではなく

途中考え込むかのように洗濯機が10分ぐらい停止

そして又動き出すという感じでした

動き出したらさぁ結構なスピード?!と思いきやそうではなく

相変わらずのゆったりモード

これでは2時間以上かかってしまうのも分かりますね


ただフランスの洗濯機は悪い事ずくめではないようで

乾燥機は日本のように動いている間中ロックがかからない

つまり途中で開け閉めが出来るため

増やしたり取り出したりが可能なんだそうです


こんな状態のフランスの洗濯機

私はイラついてしまいそうですが

改めて日本という国は

「痒いところに手が届く」国なんだなぁ~と思います



ランキングの応援よろしくお願いします  




フランス日記 | コメント(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ