ゲイ雑誌の復活
【 2017/03/04 15:47 】
1995年に創刊されたゲイのカルチャー雑誌「TÉTU」

一時休刊となっていましたが

このほど”キオスク”にカムバックしたそうです

761177c4d993dff6282cffb3e0706b91-620x465_convert_20170302155043.jpg 

あのデザイナー界の巨匠YSLのパートナーである

ピエール・ベルジェ氏の出資のもと創刊されたこの月刊誌

内容も当然のことながら

政治家や著名人がカミングアウトし

同性愛について語ったり

選挙の候補者が

ホモセクシャルの権利遂行の政策を発表したりする

所謂コミュニティ雑誌となっているそう


今回発売された内容も

4月に行われる

フランスの大統領選挙の候補者エマニュエル・マクロン氏

彼のLGBTの権利に関するインタビューを掲載


ネット上での読者ビューが50万人と人気のため

紙版も復刻しました

そのお値段5.9ユーロ(約720円)なり~


雑誌復活パーティも行われるんだとか





ランキングの応援よろしくお願いします




スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<フレンチを和食で頂こうイベント in Paris | ホーム | 駅に流れるピアノの音色♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |