アクティブラーニング=ワークショップのススメ
【 2016/08/07 11:38 】
中学・高校はたまた小学校でも

今迄の勉強の仕方が変わりつつあるようです


「アクティブラーニング=能動的に学ぶ」

日本では

教師が教壇でテキストにのっとった授業をし

生徒はそれを受動的に聞いて理解する

というあくまでも生徒は受け身の体制でした


あと数年後には

グループディスカッションやグループワークなど

与えられたテーマについて

「自分はどう思うか」 「なぜそう思うのか」

生徒が論じ合い自ら参加するという形態に変わるようです


stock-photo-39433878-group-of-business-people-meeting-teamwork.jpg


海外では

アクティブラーニング形態が主のように思います


私自身も色々な勉強会やセミナーに参加して

よく”ワークショップ

(講師からその時のセミナー内容に関して

数人で自分の意見を言ったり

自分のやる事を発表したりすること)”をする機会があります


これはただ講師の言う事を聞いているだけだと出来ないんですよね


ちゃんと自分の場合だったらこうとか

その理由など言えないとダメなのです


私はフランス語の試験を通して

「私は○○だからこう思う」と常に考える癖がついています


これからは

こういう事が人の前で言えるようでないと

それなりに認められないなぁ・・・と実感


日本も

だんだんとやっと能動的に変化しつつあるようです




ランキングの応援よろしくお願いします


www.facebook.com/shizuko.france.setagaya



スポンサーサイト
diary | コメント(0) |
<<カウンターから愛を込めて♡ | ホーム | ワインの味わい=人の個性>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |