物議を醸しだしたフランス経済相の発言
【 2016/06/25 12:10 】
最近パリのレピュビリック広場では

「Nuits Debout=夜、立ち上がれ!」という集いが行われています


042312_convert_20160622155235.jpg

これは

市民が様々なテーマについて話し合う集いの事で

大勢の人が詰めかけて

それぞれに問題定義を訴えているようです


この参加者が

フランスの経済相エマニュエル・マクロンに噛みつきました


問題となったのは

エマニュエル氏の

「あなた方のTシャツ姿なんかこわくはない。

スーツを買えるようになるには、働く事が最良の手段だよ」のセリフ


これに怒った参加者2人は


自分は”ラ・ゴンダ”という

1200ユーロ(約144.000円)もするスーツを着ているのに

働いても働いてもなかなか裕福になれない人に言えた義理ではない

この金額はスーパーのレジ係の1か月のお給料分だ!


エマニュエル・マクロン経済相の発言は

Nuit Deboutが

ずっとストを止めないでいる事に対する苛立ちからだったようです


Nuits Deboutの参加者2人の噛みつき発言


FBで200万人近くがアクセスしたというので

この”タカビー発言”に

怒りを感じている人の多さが伺えます



ランキングの応援よろしくお願いします

www.facebook.com/shizuko.france.setagaya



スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<ワインオークション | ホーム | 第2回フランスお茶会(ワインを楽しむ会)開催♡>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |