We love salt!
【 2015/11/13 06:40 】
パンが主食のフランス人

この大切なパンを作るのに欠かせないのが塩です


塩の歴史は紀元前にさかのぼり

様々な方法で作られてきた塩は

ナトリウム・カルシウム・マグネシウムなどの

ミネラルを豊富に含んでおり

生命維持には欠かせない大切なもの


かくゆう日本にも

「敵に塩を送る」と言うことわざが残っていますが

それだけ貴重だからでしょう


フランス革命後に廃止されましたが

フランスには

「ギャベル」という重い塩税が存在し

長い間国民を苦しめてきました


そして現在では

フランスの太陽と風やにがりが含まれている

海塩や岩塩湖塩などの天然塩が珍重されています


有名どころとして

ブルターニュ産・ノワールムティエ産・南仏のカマルグ産などの海塩

バラ色のヒマラヤ岩塩など


中でも貴重な高級塩としてあげられるのが

「フルール・ド・セル=塩の花

良質の塩田から取れる大粒の天日塩です

220px-FleurDeSel.jpg

この塩は

少し湿り気をふくみごくかすかに磯の香がする

大粒のガリガリとする歯触りもさいこ~なんだとか


ほんの一握りのエッセンス=フルール・ド・セルをふりかければ

たちまちステキな一皿が食卓に並ぶのでしょうね



ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析

www.facebook.com/shizuko.france.setagaya




スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<リニューアルしたパリのバス停 | ホーム | Tintin(タンタン)人気のほどは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |