フランスの税金の使い道は?
【 2015/10/02 20:09 】
決して安いとは言えないフランスの税金

いったい何に使われているのでしょう?

日本との比較を見てみました


1位・・・社会保障費(約4700億ユーロ)

2位・・・教育費(約775億ユーロ) ※義務教育は無料

3位・・・地方交付金

4位・・・年金

5位・・・国防費

6位・・・欧州連合への負担金(日本にはないもの)

7位・・・連帯・同化・機会平等費(移民や社会的弱者が平等に暮らせるための費用)


だそうです

日本はどうでしょう?

1位・・・社会保障費(約19兆円=フランスはこの3倍です!)

2位・・・地方交付金

3位・・・年金

4位・・・文教及び科学振興費

5位・・・公共事業費

6位・・・国防費

7位・・・食料安定供給関係費


フランス7位の

連帯・同化・機会平等費ですが

フランスの基本的精神である

「自由・平等・博愛」にのっとるものでしょう


この中に

男女の平等を目指すための費用が含まれているそうです

もし男女が平等になれば

毎年0,4%プラスの経済成長となると言われています


・・・が道はなかなか厳しいようで



日本でもフランスでも言えることは

借金が膨れ上がっている事です


それでもフランスは約1兆9100億円で

日本の約5分の一だそう


どちらの国も

解決のメドは立っていないようです・・・




ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析


www.facebook.com/shizuko.france.setagaya



スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<AWA ODORI PARIS 2015 | ホーム | どちらのストレスがまし?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |