「匿名の履歴書」義務化が見送りに
【 2015/05/27 11:45 】
フランスでは

2006年より義務化とされていた

「匿名の履歴書」が義務化見送りとなりました


これは

就職の際の差別を避けるために

名前や住所・年齢などを省いた履歴書ですが

コストがかかる上に現実的ではない・・・と判断されたよう


フランスには

アフリカからの移民が多く

名前や出生地だけで

就職が不利になることがあります


又年齢や家族の状況なども差別要因となるようで

これを懸念したフランス政府は

従業員が50名以上の企業には

この”履歴書の匿名化”を義務づけていました


ところが

履歴書だけではなく

志望動機を記する部分なども

雇用主が削らなければならない手間と時間がかかるために

批判が続出


逆に差別解消のための雇用を進める政策なども

採りにくくなってしまったため

法制化から約9年で

この政策が打ち切りになってしまったのだとか



元々”差別”さえなければ

こんな政策の義務化もなかったことですよね




ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析


www.facebook.com/shizuko.france.setagaya



スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<哀れな65歳の事件簿 | ホーム | 2015年はナポレオンyear>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |