学校が売りに出された!?
【 2015/05/09 16:13 】
必要なくなったものを即ネット販売するということが

日常的になっている昨今ですが

フランスでも同様なようです


このたび売りに出されたのは

パリは19区にあるエミール・ボレルト小学校

(VENDREとは売るという意味です)

faitdivers_convert_20150507123902.jpg

この”モノ”の出品者は

なんとこの学校の教師たち

目的はお金目当て・・・ではないようです


日本でも

少子化の影響で

公立学校の統合や廃校が相次いでいますが

フランスでも

来年は児童の数が1500名も減少してしまう

これによって

このエミール・ボレルト小学校でも

一クラス20名から25名になってしまい

教師たちの負担が増える

これに反発した教師たちの実行行使なんだそう


教室が売りに出されたのは

今回が初めてではないそうで

昨年もディジョンの幼稚園が売りに出されました


実際に買い手がつくことはないようですが

とんだ買収騒動となり

学校に自分たちの大切な子どもを預けている親たちにとっては

おちおち寝てもいられませんね




ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析


www.facebook.com/shizuko.france.setagaya



スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<花の都パリ | ホーム | リビアからの移民はだれ?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |