Oui or Non or 棄権?!
【 2014/12/14 12:29 】
フランスでは

物事を白か黒かで判断する傾向が強いようです

例えば

学校の先生「感じがいいか悪いか」=Oui or Non


私達日本人の場合は

いいか悪いかだけではなく

どちらでもない・・・という選択肢もあります

どちらかに決めなければいけないのがフランス流のようです



ところがところが

あるフランス特派員の方のお話です


フランス国民議会を取材していた時

賛否とは別に

「棄権」という道もあることに気が付きました

ただ棄権=投票しないではなく

「棄権」という意思を持った投票なんだそうです


全ての議員が3枚の投票用紙を持ちます

青(賛成)と赤(反対)そして白(棄権)


どういう時にこの白いカード=棄権が使われるのでしょう

それは

「この法案には納得出来る部分もあるがまだまだだ・・・

というような時だそうで

これも立派な”自分の意思”なんだそう



フランス

Oui かNonで答えられない問題が発生した時

「棄権しま~す」と答えたら

フランス人の厳しい追及からも逃れられる




ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析


www.facebook.com/shizuko.france.setagaya




スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<フランス発のデジタル美術館ゲテ・リリック | ホーム | 想定外の予定通り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |