輝き続ける「芸術の都パリ」
【 2014/11/27 11:42 】
モードの国フランスですが

それと同時にアートの国とも言えそうです


Parisにおいて

10月には国際現代アートフェアが開催されました

多くの彫刻や美術作品が

セーヌ河湖畔やチューイルリー公園、ヴァンドーム広場などに展示され

多くのギャラリーが集まったそうです


アーティストを支援し

その作品を展示するという目的で作られた

カルティエ現代美術財団は今年で早30周年を迎えました


又27日にはあのルイ・ヴィトン

ブーローニュの森の中に

美術館をオープンさせ話題を呼んでいます

繝ォ繧、繝エ繧」繝医Φ雋。蝗」鄒手。馴、ィ_mini_convert_20141126113402

ヨットの帆からヒントを得たというこの建物は

フランク・ゲーリー氏による設計で

財団が所有する美術品を展示したり

アーティストの作品を紹介したりする場となっています


「芸術の都パリ」の名にふさわしく

いつまでも色あせずに輝いていてほしいと思います




ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析


www.facebook.com/shizuko.france.setagaya




スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<孤独な偽ジャーナリストの人生 | ホーム | 熱意は万国共通!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |