パリジャンになるためのたゆまぬ努力
【 2014/12/08 09:56 】
Parisと言ったらカフェ

町中の至るところにあります


仕事でParisにやって来た中年男性

彼はカフェ

オシャレなパリジャンやパリジェンヌ達を

見る事を楽しみにしていたのですが

裏通りのカフェにいるのは

”バロン”という名前の ワインを飲んでいるオジサン達ばかり・・・


おまけに本場のコーヒーを飲もうと注文すると

出てくるのは

デミカップに少~しばかり入っている恐ろしく苦いもの



この男性ある友達に

「安いバロンと苦いコーヒーに慣れることがパリジャンになる第一歩」

と言われ努力をしていたそうです



そんなある暑~い

ビールを飲もうとカフェに入り注文したところ

出てきたのは

赤くて甘い水

注文と違う・・・とギャルソンに掛け合うも結局根負け


帰って辞書で調べたところ

”ビイル”という名前のリキュールだったそう



う~ん自分の発音が悪かったのですが

フランス人にとって

カフェでビールを飲むなんてことは考えられなかったようで


花の都Parisに慣れ親しむには

もう少々の時間が必要なようです





ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析


www.facebook.com/shizuko.france.setagaya





スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<想定外の予定通り | ホーム | フランスのオークション>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |