どんなバカンスが理想的?
【 2014/08/15 06:11 】
政治家のバカンスについては

やはりどこの国でも賛否両論があるのでしょう

それだけ要人となると注目度も高いですよね



おととしの2012年

オランド大統領が就任後初めて行ったバカンスはヴォール県

庶民性をアピールしてか

ポロシャツに短パンでその当時の恋人と一緒に過ごしていたそう

”庶民性”のアピールには成功したようですが

バカンスの期間が3週間とちょっと長過ぎたようで

批判を浴びることになっていました



2007年にはサルコジ前大統領が

マルタ島というセレブの集まる島でバカンスをとり

これまたブーイング


結局は誰がどんなバカンスを過ごしても

庶民には評判が良くないようですが

ほんわかとした誰もが行けるような土地で

期間も長過ぎない庶民の手の届くバカンスが

好意的に見られるのでしょう



政治家の皆さん一考あれ




ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析


www.facebook.com/shizuko.france.setagaya』 






スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<フランス発カツオ節の人気は?! | ホーム | 2014年版フランス人のバカンス事情>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |