悩ましきロマネ・コンティ
【 2014/05/01 06:24 】
ワインと言えば”ロマネ・コンティ”と言うほど

高品質のフランスはブルゴーニュ地方のワイン


こちらは1本何十万というお値段なのですが

なぜこんなにも高値がつくのでしょう


一つには

ロマネ・コンティを作る際のブドウ畑

赤褐色の土だったり石灰岩があったりと

地下が何層にも複雑に重なった地層となっているそう

ブトウはこれらの地層から

各層の栄養分を吸い上げて果実に なります


ロマネ・コンティを作っている品種ピノノワールは

冷涼な気候を好みとっても繊細でデリケートだそうで

その分扱いも苦労します


これらの品質とわずか2ヘクタールの畑から

たったの年間5700本ほどしか生産されず

更には

20年間ぐらいは寝かさないと十分に熟成されないという事



これだけの条件が重なれば

自然と高値がつくのも理解できますね






ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析


www.facebook.com/shizuko.france.setagaya





スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<恋愛にはアグレッシブなフランス人 | ホーム | The フランス人!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |