フランス語で職業を言う時は・・・?
【 2014/03/04 06:40 】
去年よりお教室に来て下さっているoさん

これで5回目のレッスンです


ほぼ初心者の方なので

まずは基本中の基本ごあいさつから始まって

今度は自分の身分を言うためのお勉強をしました



フランス語は

全ての名詞に冠詞がつきます


例:J'ai un sac.=私はかばんを持っています 

un sac(かばん)が名詞でunが不定冠詞というもの


ところが身分(職業)を言う時は冠詞がつかず

直接その職業をつけるのです


例:Je suis professeur.=私は教師です

professeur(教師)が名詞で冠詞なしで直接言います


そして

フランス語は男性名詞女性名詞があるので

男性の歌手と女性の歌手では単語も違います

男性歌手=chanteur 女性歌手=chanteuse.


これは特異な例で

通常は男性名詞の語尾に「e」をつけるだけ

例:男性弁護士=avocat 女性弁護士=avocate



oさんとのこの日のレッスンは

冠詞の説明・職業を言う時の言い方など

かなり中身の濃いものだったので

大変だったと思います



他の言語を学ぶのは難しいもの

これを”大変”と思わず

”面白い”と思えると楽しいですね





ランキングの応援よろしくお願いします


良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析



www.facebook.com/shizuko.france.setagaya




スポンサーサイト
生徒さん | コメント(0) |
<<電気自動車レンタルシステム=オートリブ | ホーム | 血がさわぐ!?フランスの車事情>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |