フランスの薬草屋さん
【 2013/07/20 07:47 】
フランスにある“薬屋さん”は

日本の薬屋さんとはちょっと違います


名前も

薬草屋さん=L'herboristerie(エリボリストゥリ)


日本の薬局とどのように違うのでしょうか




今では日本の薬局でも

お客様の症状を聞いて薬を提示してくれますが



フランスの場合は

「どうしましたか?」

「ちょっと疲れていて・・・」

「よく眠れますか?」

「あまり・・・」

「イライラしたりしますか?」

「ええ。ストレスで」

などのように事細かにお店の人が聞きます



そうすると植物に詳しい専門家が

お薬ではなく

個人の体調に合わせた

ハーブティやエッセンシャルオイルを調合してくれるそうです


その他にも

疲労に利くハーブティ

ワインに入れるthym(タイム)

リラックス効果があり心身のバランスを整えてくれるという

アルコールに数種類の花をつけて作った

フラワーエッセンスなどなど




フランス人は乗りもの酔いには

ミントのオイルをよく使用するそう
 




さすが“美”の国フランスらしいのが

「永遠の若さ」

というエッセンシャルオイルもあるとか



「永遠の若さ」いいですね~





ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析


www.facebook.com/shizuko.france.setagaya





スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<「青」のイメージ・・・欧州では? | ホーム | 世界で一番危険な国は?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |