救助活動に催眠法で・・・
【 2013/07/01 07:06 】
フランス東部のアルザス地方にある

アグノー消防署

こちらでは

消防士が医療催眠の訓練を受けており
 

交通事故やがれきの下に捕らわれた人などの救助の際

落ち着いた声で話しかけ

否定的な言葉を使わないように

無事であることを強調する


これが医療催眠と言われるもので

事故現場での心的外傷から

犠牲者の意識をそらす事になるそうです



実際に催眠法を受けた全員が

「手当の時間が短く感じられた

と答えたそうで

仏内務省の高官らはこの試みを歓迎しているそう



今のところ

この試みを実践しているのはアルザス地方だけ


消防士への適切な訓練が必要となるため

もっとこの催眠法を広めて行けるように・・・

と言うのが今後の課題だそうです



犠牲者の心に寄り添うことで

どんなにも力強く感じることでしょうね






ランキングの応援よろしくお願いします


良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析


www.facebook.com/shizuko.france.setagaya





スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<皮膚は大切!皮膚感覚でわかる♪ | ホーム | 県境マニア!日本全国珍スポットの旅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |