モンマルトルの画家ユトリロ展
【 2013/06/19 18:03 】
近代フランス画家

モーリス・ユトリロ展に行って来ました

DSC_0012_convert_20130619115003.jpg


ユトリロはパリの画家の中では珍しくフランス人で

不遇の環境で生まれ育ち

印象派時代(線や構図が独特で厚塗りの絵画)から

白の時代(光と明暗法の調和から生み出される統一感)

色彩の時代(硬く乾いた黒い輪郭線で構成された絵画)と

のパターンが移行して行ったようです



絵を描く事にはたぐいまれな才能があったユトリロですが

両親からの愛は得られず

監禁状態にあったようで

そういう状態から抜け出したいがために

お酒におぼれアルコール中毒にもなり

ワイン欲しさに絵を描いていた・・・とも言われています


そんな青春時代をおくり

自身の結婚にもあまり恵まれなかったようで

一生を通して幸せな時は

ほんのわずかの期間だったようです




彼の作品は

フランスの観光名所モンマルトルを描いたものが多かったですが

穏やかな風景画もあり

以前に見たモンマルトルとは又違った別の顔を見たように感じました


フランスが誇るFauchonでランチ
 
DSC_0014_convert_20130619132240.jpg 


Paris気分を味わえた一日でした



パリにある観光地の一つモンマルトル

ここにある彼のお墓には 今も献花が絶えないそうです




ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析



www.facebook.com/shizuko.france.setagaya




スポンサーサイト
diary | コメント(0) |
<<異文化の刺激を受るには・・・?凱旋門周辺の運転 | ホーム | Asean3カ国に人気なものは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |