ルミエール映画博物館 in Lyon
【 2013/05/30 07:00 】
フランスの都市リヨン

ここの住宅街にフランスの映画を創ったとされる

リュミエール兄弟が造った

『Le musée Lumière=ルミエール映画博物館』があります

 
ルミエール映画博物館



この博物館は

シネマトグラフ(撮影と映写の機能を併せ持ったもの)

オートクロムと言われるカラー写真

1900年に発明された

フォトラマ(360度のパノラマ撮影が出来るカメラ)

現在の3D映画である立体映画を見る時の

青と赤のメガネなど

映画に関する発明品が展示されています



このリュミエール兄弟が発明した

シネマトグラフで撮影されたシーン

当時人々をビックリさせたようです

汽車が動いているシーンには

スクリーンから汽車が飛び出してくるのでは・・・

と逃げ出す人もいたとか


外には

ここを訪れた映画監督の名前プレートが飾られ


Lumière=光のように

この兄弟の功績は今も光をもたらしているそうです




ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析



www.facebook.com/shizuko.france.setagaya



スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<日本のアンバランスな魅力 | ホーム | 勝ってなんぼ!の香水市場>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |