フランスのお肉は大丈夫?
【 2013/03/15 07:12 】
食肉の品質問題

結構根が深いようです


先頃フランスでも

「フィンドゥス社製」のラザニアに馬肉が使われていた・・・

という事件があり世論をにぎわせています


狂牛病騒ぎ以来

食肉の”トレーサビリティ制度”

(物品の流通経路の追跡が可能な状態)が義務つけられ

農業省が

酪農家・蓄殺場・食肉加工場などに

立ち入り検査を施行し

更には

経済省消費競争不正抑止局が

原料の検査などを行っている


ところが

当局の検査だけでは

とても全部を把握しきれないため

ほとんどは企業の自主検査に委ねられているそうです



ルーマニア産馬肉がフランス産牛肉に

ひき肉にも牛肉でない他の家畜の肉が混ぜてある可能性


などなどフランス消費者も

自分達の口に入るお肉の安全性は

自分達自身で守らなければならなくなってきているとか





ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析




スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<ユーロ紙幣が変わる | ホーム | 日本を褒めようプロジェクト交流会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |