多民族国家の特権
【 2013/01/06 08:34 】
多民族国家のマレーシア

国民には語学に優れた人が多いそうです


マレー系のレストラン経営者は

マレー語・英語・アラビア語・おまけに日本語も


日本に留学経験のある中国人は

マレー語・日本語・英語・・・



こんなに沢山の言語をしゃべれるなんて

一体どうして



「子供の頃から下手でもとにかくしゃべる

恥ずかしがらないから上達が早い」




多民族であるために

各々が母国語でない言葉を 下手でもしゃべる

そしてそれを誰も変だとは思わない


ある特派員の手記です



その言葉を

よく知っている人の前で話すのは緊張しますが

お互いにその言葉をよく知らないのですから

“変”だとは思われないと思って

自由にしゃべれる・・・というのは理解できます



語学が上達したければ

多民族国家へ行けですかね





ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析



スポンサーサイト
言葉 | コメント(0) |
<<フランス食品業界がやばい!? | ホーム | Newフォーラム・デ・アール>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |