フランスの小学生の宿題はOui ?Non?
【 2012/10/19 23:06 】
フランスのオランド大統領が

小学校の宿題を廃止すべきだ

と主張したようです


この主旨は

宿題は家庭でやるものではなく

学校でやるべきもの

だそうで

小学校の授業日数

サルコジ政権で

週4日とされていたのを

4日半に戻し

学校での課外活動や学習時間に充てる・・・

としたそうです



宿題に関して保護者達は

「教育的な効果はそれ程見られないので廃止してもよい」

とおおむね賛成のよう


では・・・と廃止が通るのかと思えば

世論調査の結果

世間の回答者の約68%が廃止に反対


高学歴や高収入の人程

宿題廃止に反対だそうです



う~んいざ大人になってみると

「あの時もっと勉強しておけばよかった・・・

と思うもので

高学歴や高収入の人などは

“あの時自分は一生懸命勉強したから今がある”

と思えるのでしょう



まだ小学生の子供にとって

宿題はやっぱりイヤなもの

私は小学生のうちは

勉強・クラブ活動などだけでいいと思います



5月に大統領選で選ばれたオランド大統領

今なら

サルコジ氏が優勢と新聞に書かれていましたが

早くも失望感が広がるオランド政権

宿題の有無は

Ouiそれとも Non




ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析





スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
<<荷が重い!?フランスのランドセル | ホーム | 「美」の方程式は清潔感>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |