求む!安上がりな教師
【 2011/11/15 09:45 】
フランスも決して財政が豊かなわけではありません

削減出来る財政は節約したいのが本音



ご多分にもれず・・・

フランスの教師もそのとばっちりを受けています



フランス教員資格の事を「CAPES」と言いますが

教師と言えども敬意をはらわれることもなく

お給料もあまり上がらない・・・



採用試験の4つの科目

(数学・英語・古典文学・近代文学)で

約978のポストに候補者がいなかったそうです



つまり皆試験に落ちちゃったってことですね



でもこれらの科目の教師も必要



と言う事で政府が取った方法は・・・


正規の社員ではなく

非常勤講師として試験に落ちた面々を採用する事


もちろんサラリーも資格保持者に比べて300€安くなる

(1ユーロ=約105円 11月現在)

年間で3600€の節約が出来

×978人で352万€となります



どこの国も財政は厳しいですが

フランス国家は“安上がり”な教師を求めてやまない




良かったら見てみてくださいね~ 
 
blogram投票ボタン





スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<TPP参加? | ホーム | パリの女に磨かれている!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonjourshizuko.blog31.fc2.com/tb.php/289-41da88f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |