fc2ブログ
フランスでスクールハラスメント厳罰化の法案が成立
【 2022/01/22 06:46 】
日本でも”いじめ”が行われそれによって自殺をする学生も見られます

フランスではこんなことはないのでしょうか

d6ea18bf6e0af1e862762264c0f89ee6_convert_20220120113828.jpg


もちろんフランスにも”いじめ”問題はあるようで

先日加害者に厳罰を科する法案が可決されました


これはいじめをしたとみなされる加害者に対して

被害者が8日以下の登校不可となるような場合

禁固3年以下と45,000€(約584万円)の罰金が課せられ

8日以上と判断された場合は

禁固5年以下75.000€(約973万円)の罰金が課せられるというもの


更に被害者に自殺未遂や自殺の被害があった場合は

禁固10年以下罰金150,000€(約1946万円)となっているそう


フランスでは大学入学時に催される

「歓迎ウィークエンド」なる日本で言う新歓コンパみたいなものでも

アルコールを強要したりよく分からないゲームを強いられたりと

いじめがある場合もあるのだとか


低学年ほどSNSの利用が低かったり

先生が休み時間なども生徒に目をひからせているため

こうしたいじめは起きにくいそうですが

ないとも言い切れないのがつらいところ


日本で考慮されている

「加害者の未来を尊重すべき」という思想は

フランスでもやはり存在するようですが

今回のこの法案はかなり手厳しい

でもこうした法案を使って

いじめ問題が減少していくといいと思います




ランキングの応援よろしくお願いします


スポンサーサイト



フランス日記 | コメント(0) |
<<フランス人が経営するラーメン・バーがパッサージュ・デ・パノラマにオープン | ホーム | フランスの運転事情って?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |