fc2ブログ
農業国フランスの葛藤
【 2021/09/19 16:15 】
都合があった時に参加している

フランスの文化について学ぶ講座に行って来ました

今回のテーマは「農業とフランス

FC7B0FE9-DEDE-4B4F-B031-E7277548981B_convert_20210919155024.jpg


世界屈指の農業国と言われているフランスですが

EU内での色々な葛藤やヨーロッパ連合との兼ね合いなど規制があるので

フランス独自のやり方で自由に作れるようになったらいいなと思いました


例えば

スペイン産のトマトは人件費も安いし収穫されるトマトもまだ熟れていない

ところがフランスのスーパーには

安いスペイン産のトマトが並ぶため

人々はこちらを手に取る事になる


何と言っても人件費が

1時間働いて2~3ユーロなのに対して

フランスでは約8ユーロ

当然フランス産のトマトは高くなるはずですね


トルコはヨーロッパ連合外の国ですが

禁止されている殺虫剤を使用してサクランボを作り

市場に多く出回っているそうなのです


これには真面目に農作物を作っているフランスも気に入らないでしょう


今回の講座は3人出席したのですが

他の人がどういう意見を言っているのか

先生はどう言っているのか・・・

自分はどれだけ意見を言えるのかなど

他の人がいる事で緊張があります

でもその緊張感がいい


これから今月末・来月と

フランス語や国際交流・外国人ガイドについての

講座や研修を受けて行くつもりです


毎日ただ生活していくだけではなく

「今後もやっていける興味のある事」を学んでやっていく事は

大切ですよね



ランキングの応援よろしくお願いします


スポンサーサイト



diary | コメント(0) |
<<We love Vacances! | ホーム | ラッピングされた凱旋門>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |