たかが名前、されど名前
【 2010/03/17 16:15 】
近頃フランスでは、変わった(ユニークな)名前を自分の子供につける親が増えているそうです

1993年以降、法律的にもより自由になったとか。


例えば・・・

Zuri(バスク地方の名前)やObelia(ギリシャ地方の名前)、

果ては「A」「X」「Z」といった、アルファベット一文字だけの名前などなど



これはどうしてなのか?

自分の子供を他の子供とはっきりと区別してもらいたい!

という親の意識の現われだそうです


でも・・・

親のエゴ(?)によって命名された子供はいい迷惑!?

なぜならそのかわいい子供が成人して就職試験の面接の時

「次、”Z”さんお入り下さい」

などというシチュエーションはかなり滑稽ですよね

そしてそういう名前の子供は結果、企業側も雇う気にはなれず

大切な仕事を見つけることができにくくなっているそうです


名前はその人の人生を左右する大切なものだと思います

親から与えてもらった名前、ノーマルでよかった・・・


スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

フランス日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<目指せ!キラリ素肌美 | ホーム | ローマ(パリ)は一日にして成らず>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonjourshizuko.blog31.fc2.com/tb.php/14-32d97692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |