「自分の言葉」で話そう
【 2010/11/26 14:58 】
管直人首相が会談の時には

原稿を見ながら話をする場合が多く

相手の目を見て・・・ではない

ということをよく耳にします

その原稿がご自身で用意されたものならば

内容をしっかり頭に入れてトークするはずが

真相はわかりませんが

お相手の顔を見て・・・では・・・う~ん?


どんな場合であるにせよ

人とお話するにはやはりその方の目をしっかり見て

「自分の言葉」で話すのが

お相手との信頼関係が築け

なおかつ、より真意が伝わるのではないでしょうか


人とのコミュニケーションを取る時

誰かの受け売りだったり、自分の言葉ではない場合は

不思議と相手にもわかってしまうと思います


私は人と会話する時

その事を伝えるのにより相応しい単語を模索して使います

“言葉”っていいな~と思う瞬間



これからも

自分の言葉で表現していきたいので

母国語(日本語)&フランス語、もっと勉強して

ボキャブラリー増やさなきゃ・・・



良かったら見てみてくださいね~ 

blogram投票ボタン 

スポンサーサイト
言葉 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<Why?は大切 | ホーム | 日仏交流会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonjourshizuko.blog31.fc2.com/tb.php/115-03b89b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |