”ワインリスト”からお買い得ワインを見つける方法
【 2010/10/29 09:23 】
レストランでワインを選ぶ時

”ワインリスト”から「これ、お願いします」と

カッコよく注文したいものですね

でも実際にワインリストの中から

気の利いた物を見つけるのは難しいもの

今回は失敗なくリストの中から選ぶ方法をお伝えします


まずリストの中で

一番高いワインと一番安いワインはお買い得ではない・・・

ということです


品質が悪いのではなく

価格でワインを選ぶ人が多いため

放っておいてもどちらも売れるので

ソムリエとしては価格努力をしていないということです

これは二番目に安いワインも同じ



従って掘り出しもののワインは

三番目に安いワインから二番目に高いものの間になります


次に「良く見るワイン」「聞いたことのあるワイン」は

あまりお買い得ではありません

これも人は銘柄で選ぶので、勝手に売れるため・・・です

よってマイナーな国のものやマイナー品種のワインがおススメ

マイナーなのにリストに載っているということは

“美味しいワイン”とその店が判断した事になります



リスト内から”品揃えが豊富なワイン”を見つけ出しましょう

ボルドーワインが沢山載っていたならば

ソムリエもそれだけそのワインに力を入れているということなので

お買い得です



”ツウ”な人だと

ソムリエにチップを渡すのかな?と思いますが

日本では大体サービス料に入っているので

特に渡す必要はありません

ただ何らかの会合で

お店にワインを大量に持ち込んだりする場合や

ソムリエの知識を拝借したい場合は

チップを渡すのも特別な恩恵が受けられるかもしれません



良かったら見てみてくださいね~ 

blogram投票ボタン 



スポンサーサイト
diary | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<二兎追うものは二兎を得る | ホーム | フランス人が車を買い替える時>>
コメント
そうなんですかぁ

アルコールはあまり飲めないのですが、
ワイン大好きです。
一人ではハーフボトルも開けられないほど弱いんですけどね。

このワインの選び方、目からうろこです。
そんな感じで店では選べばいいんですね!
ウィル URL [編集] 【 2010/10/31 23:06 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonjourshizuko.blog31.fc2.com/tb.php/103-fbb413ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |