フランスで「食品廃棄禁止法」が成立
【 2016/03/28 08:00 】
食品廃棄問題が話題の日本ですが

フランスでは

今月初めに

「賞味期限切れ食品」の廃棄を禁止する法律が成立しました


この法律とは

大規模スーパーマーケット

賞味期限切れや期限が近づいている

食品を破棄することは出来なくなり

その代わりに

破棄する食品をボランティア団体等に寄付


そのボランティア団体は

貧しい人々のために食品を分配するというものです


フランスが誇る世界的なスーパーマーケット

「カルフール」は

既に消費期限を伸ばしたり

売れ残り食品を再分配したりなどを実行しているそう

imgfdbc6b9azik4zj_convert_20160224144631.jpg

ただこの法律は

大規模スーパーのみに適用され

中小規模の店には義務はないため

大手スーパーが出す食品ロスは

わずかに5%に過ぎない・・・との声もちらほらあります



廃棄食品の横流し問題のある日本でも

この取り組みを模倣すると良いと言われています


フランスの例を参考にして

考えていけば良いと思います



ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析

www.facebook.com/shizuko.france.setagaya



スポンサーサイト
diary | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ