ノートルダム・ドゥ・ラ・ギャルト寺院
【 2012/06/30 16:08 】
フランスの港町マルセイユ

ここに

この街を見守る寺院があります



『ノートルダム・ドゥ・ラ・ギャルト寺院』



1864年に完成し年間150万人の観光客が訪れるそうです




内部はヨーロッパの寺院によくあるように

モザイクの壁画がありますが

その中でひときわ目立つのが

沢山の船の模型が天井からぶらさがっているさま


この模型を 

「ex-voto」と言うそうです




ex-votoは船だけではなく

サッカー選手のユニフォームやヘルメット・香水瓶などがあり

この寺院内には約2500種類のex-votoがあります



これは

寺院の灯台になっている

聖母マリア良き母=Bonne mère が

守ってくれるように感謝して奉納する品々


自分達にとって関係のある大切なものを奉納するそうです




船乗りにとって

自分達の命を守ってもらっている

聖母マリア様(Bonne mère)




昔の船乗り達は

荒波にもまれながら

このBonne mèreに

癒されてきたのでしょうね




 ランキングの応援よろしくお願いします

良かったら見て下さいね blogramで人気ブログを分析





スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(2) |
| ホーム | 次ページ