訪日外国人増加のキーワードは「気軽さ」
【 2018/07/17 15:30 】
近年の外国人の訪日人数はすごい伸びてきています

そんな日本ですが

やはり「観光大国フランス」から見たら

融通が利かない・訪日外国人にとって面倒という印象がぬぐえないそうです


外国人たちが真っ先に利用する鉄道

日本の鉄道は時間に正確・便利ではあるが

料金が高すぎるのと使う人や時期なども関係なく一定料金である


フランスの場合

ハイシーズン時は早めに予約すればかなり安く抑えられる

日本のJRと比べても約5分の一ですむそう

又手続きも面倒である

全ての手続きがネット予約が出来ない=予約のみだとか


レンタカーを借りるのも一苦労

外国人が日本で免許を習得するのも時間がかかる

しかもフランス人などが日本で運転するときは

フランス大使館や日本自動車連盟から証明書を取る必要があり

ネットでは出来ないそうです


日本の旅館やホテルには

フランスには存在する一つ星などの等級システムはなし

フランスでは

この等級システムを作った際

銀行がこぞって低い等級のホテルなどに設備を刷新出来るよう

積極的に融資を行ったそうです


又「3泊すれば1泊分は無料」などのサービスもない


観光大国フランスはキャッチコピーを付けるのも上手

「花の都パリ」 「ワイン畑の探索」などなど


来た事のある外国人にアンケートをするのではなく

一度も来たことのない彼らに

日本の何を求めているのかを聞くべきである

0cfa34346182de6aa01f685e1137e158.jpg 

2020年までに今の倍の訪日外国人を増やしたい日本

観光大国フランスのように

達成出来るか否か



ランキングの応援よろしくお願いします  



スポンサーサイト
Japan | コメント(0) |
世界の公共放送への支払いはどうなっているの?
【 2017/12/10 06:30 】
世界各国に公共放送の受信料がありますが

日本でもNHKの受信料の未払いが話題になっています

では他の国ではどのようになっているのでしょう


年間料金として一番高い国はドイツ

次にイギリスフランスと続きます


ドイツでは受信機の有無に関わらず

全世帯から「放送負担金」を集めているんだそう


国民の家を戸別訪問して支払いをお願いしている日本に対して

他の国では

支払わない人には罰則があるんだとか


その罰則=刑務所入りだそうで

しっかり未払い世帯を把握

それでも国民の不満は起こらず

それはひとえにその局への信頼があるから


受信料金を払わない人には

とうとう罰金が課せられる事になりましたが

今後は

NHKがこの判決に対して

日本国民に不満を持たせないぐらいの

信頼を勝ち得る事にもう少し頑張りが必要なんでしょうか




ランキングの応援よろしくお願いします  




Japan | コメント(0) |
日本人にとっての”自然”とは?
【 2017/10/16 14:13 】
日本に移住しているある欧米人

「日本には四季折々の美しい”自然”があり

日本人はそれを大変愛でているので

さぞかしキャンプや野外活動が好きなのだろう」

と思っていたそうです


ところが想像とは違い

所謂”手つかず”の自然を好む日本人はほとんどいない

という事に気が付きました


大体の欧米人の好む”自然”とは

手つかずの雄大な川や広大な草原であり

日本人が好む”自然”は

キレイに整えられた自然である

決して未開の原生地などではない

3585c1cb988fcb5a84be3239c5b04427_convert_20170920122642.jpg


これはどうしてだろう?と考えた結果

思いついたのは

日本では自然災害が頻繁に発生する

つまり日本はこうした災害と常に共生しているからだ・・・


欧米人が思う”自然”とは日本人にとっては恐怖であり危険である


”整った自然”であれば

自然と繋がりながら季節の変化をなんの恐れもなく楽しめる

よって風景式庭園や盆栽・生け花などが安心して味わえる自然である


私自身は幸せなことに

自然の怖さを体験したことがありません

それなので欧米人が思う

雄大な山脈や川などに”自然”を感じ癒されてきました


どちらが本物の自然か・・・ではなく

日本人にとっての自然と

欧米人にとっての自然のとらえ方の違いがここにあります





ランキングの応援よろしくお願いします  




Japan | コメント(0) |
外国人観光客にとって旅館はさいこ~!?
【 2017/09/18 06:20 】
「おもてなし大国ニッポン」 「外国人観光客の訪日率右肩上がり

と思っていました

ところがそうとばかりも言えない・・・

こんな状況になっているそうです


その理由の一つが

観光客が必ず宿泊する「旅館」です

17cf0c457003116917c479deb771e3c6_convert_20170719132347.jpg



旅館は古き良き日本のおもてなしと我々は思っていますが

外国人にとって約10日ぐらい宿泊するにはハードルが高い


1.旅館の夕食を10日間食べ続けるのはきつい=色んな料理を食べたい

2.日本の旅館は宿泊費に食事が含まれている事が多いためコストが高くなってしまう

3.長期滞在のお客に向けてのルームサービス(洗濯などの)が少ない

4.夜のエンターテイメントが少ない=旅館のフロントも10時ぐらいには人がおらず

完全におやすみなさいモードになってしまうため外出が出来にくい

5.老朽化してしまっている旅館が少なくない=浴室が古い・畳を変えた形態がないなど


つまり外国人観光客は

もっとラフで気軽なおもてなしを求めているんではないでしょうか


諸外国の5つ星ホテルなどは

滞在中のすべての要望に応えるそうで

館内にいる時だけではありません


イベントの企画のお手伝いや

ガイドブックに掲載されていない隠れ家的なレストランの紹介

観光のコーディネートなども行うんだとか


創業何百年という老舗旅館も

今迄のやり方だけにこだわるのではなく

プラス”今時の外国人観光客の要求”に応えていくのが

今後の課題となるのは間違いなしですね




ランキングの応援よろしくお願いします  




Japan | コメント(0) |
外国人もビックリ!ニッポンのおせち
【 2017/01/15 06:25 】
外国人にとって

日本のおせち料理は何とも言えず感慨深いものだそうです


まずはその見た目の美しさ



色とりどりのお料理が重箱に敷き詰められており

一品一品のお料理にも意味がある

黒豆は健康をカズノコは子孫繁栄と言ったような・・・


何よりも驚かれるのは

おせち料理を頂くまでに至る準備の大変さ


ありとあらゆる食材を下ごしらえする

それもこのおせちを準備することで

一家の主婦(台所を担う人)がお正月ぐらいはのんびり過ごしたい

という思いからのことで理に適っています


欧米などでは

新年のお祝いは1月1日のみお休みして

2日以降は通常通りなので

おせちの余韻に浸っている時間はありません


年々欧米化してきていますが

やっぱりニッポンのおせちはサイコ~




ランキングの応援よろしくお願いします  



Japan | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ