fc2ブログ
笑い&お茶で異文化交流
【 2021/10/06 14:48 】
「外国人おもてなし語学ボランティア修了者向けセミナー」で

イギリス人の落語家ダイアン吉日さんのおもてなしについて

&お茶で有名な伊藤園の正にお茶についてのお話を聞きました

unnamed_convert_20211006142620.jpg


1部2部共に色々と勉強になったのですが

ダイアン吉日さんの

今後またやってくるだろうインバウンドへのおもてなしの仕方


1.日本では年齢や宗教をよく聞かれたがイギリスでは聞かれない

=あまりこういうプライバシーに関する事は聞かない方が良い


2.当たり前の質問をしない=楽しい質問を心がける

例えば

ダイアンさんは着物が大好きで400着ほど持っていらっしゃるそうなのですが

「着物お好きですか?」などのありきたりの事は聞かない(好きだから400着も持っている)


3.日本にいるすべての外国人が観光客ではない

=ダイアンさんに対しても通訳を連れてこようとしたり

英語で一生懸命に話そうとしたりされたそうですが

日本に来て20年のダイアンさんにとって日本語で話す事は当たり前だそう


4.人に何か教えると喜ばれる

=特に今流行っているジョークなどは大変うれしいそうです


続いて伊藤園さんのお茶についての講義


外国人は皆お茶が大好きだそうで

特に”うまみ”が人気なんだとか

そして緑茶のTパックも人気です

なぜならば外国人はお急須を持っていない人が多いため

手軽にお茶を楽しめるTパックが好まれる


今の時期に大切だなぁと実感したのが

「緑茶を口に含んで10秒ほどしてから飲む=ふくみ飲み」

これをすることで

茶カテキンが唾液についたウイルスの抑制をしてくれるそう


徐々に訪日外国人も戻ってくるようです

その時のために

知らなかった事などを教えて貰って深堀りしておく

鉄則です


ダイアンさんが再三おっしゃっていた

Smile・アイコンタクト・子供の遊び心が大切~



ランキングの応援よろしくお願いします




スポンサーサイト



Japan | コメント(0) |
フランスの日刊紙ル・モンドは検証する
【 2021/08/30 06:41 】
色々な意味で開催された東京オリンピックでしたが

多くの人が感動をしたのではないでしょうか


3年後のパリ開催が予定されている

フランスの日刊紙ル・モンドは

「東京オリンピックは過去にない想定外の問題提起があった」と指摘しました


今回のオリンピックで印象的だったことの一つは

体操のアメリカ代表シモーネ・バイルズ選手

今回も複数の種目で金メダル獲得が期待されていましたが

メンタル・コンディションを理由に出場を棄権しました

2f42659a6da6d0a34e5712a332b97ab6_convert_20210829134734.jpg

これに対してル・モンド紙は

「アスリート達が如何に多くのプレッシャーの中で

競技に臨んでいるかを世界に知らしめた五輪だった」

と書いています


他には

女性アスリートのユニフォーム

ドイツ代表チーム

「自分たちが着たいものを着用した」として

ボディスーツを選び賞賛の声が上がったようです


サッカーの試合前には

選手全員で膝をついて差別への講義をした

イギリス代表チームもありました


フランスはもともと日常生活にスポーツが溶け込んでいる国

テニスのフレンチオープンやツールドフランスも有名で

3年後のパリ五輪でも

新しい施設を建設しなくても多くの既存の施設が使えます


更にル・モンド紙

「フランスと言う国が

スポーツの定着に心血を注いできた結果

パリ五輪は

スポーツクラブのインストラクターや学校の先生にとって大きな力となるだろう

ただし今回の五輪での全体で8位と言う結果は

少々物足りない

更なるアメリカやイギリスのようなプロ化のプログラム充実が必要だ

健康不安・分裂・衰退に苦しむフランス人を鼓舞出来るかどうか

今後の課題である」と締めくくっていました


やはりオリンピックは世界が注目する競技大会です

それまで目を背けてきた問題も洗い出され

目を向けて行かなければならないのですね


ランキングの応援よろしくお願いします




Japan | コメント(0) |
外国人記者が感じた2020東京オリンピック
【 2021/08/12 21:21 】
色々な問題があったものの

やっぱり感動をした2020東京オリンピックも閉幕しました

3277ff72739a3f5c080f0219e4d79362_convert_20210812210941.jpg

このオリンピックの取材をするために

本来であれば8400人の記者が世界中から来日する予定でしたが

今回来日したのは半分以下の4000人だったそうです


来日した外国人記者たちは

今回のオリンピックを日本をどう思ったのでしょう


まず彼らからの声が多かったのが

日本の組織委員会のアナログさ

日本以外では使われていないんではないかという

時代遅れのフォーマットを使用していたのだそう


次に彼らが感じたことは

入国するのは簡単だが入国後が大変な事です


あるAFP通信の記者は

大会前に2週間もの隔離がありホテルの初日は大変だったのだとか


ただ入国して隔離も終われば後は

試合会場の警備も厳重ではないし

競技場への入場手つづきもしごくスムーズだったそう


また記者たちを困らせたのが

記者専用の駐車場もないことやwi-fiの接続がイマイチな事


そして値段の高さにも閉口したそうで

500mlのコカコーラ1本=100~130円のところ

プレスセンターでは1本280円もしたんだとか


自分たちがコロナを運んできていると思われている

雰囲気を感じた記者も少なくなかったそう


そんな中で外国人記者たちが感心したのが

大会を支えるボランティアの人たち


英語力はそれほどでもなくても

彼らの親切心たるや相当なものだったのだそうです


外国人記者たちにとっては

不便も数多くあった2020東京オリンピックでしたが

最後にホッと救われるイタリア人記者の言葉がありました


「今回のオリンピックで働くボランティアの人たち

正に全身全霊で大会を盛り上げようとし

我々の不便さを助けようと働いている姿には

あらゆる不便さもすべて許せるくらいで

個人的には一番のオリンピックだった・・・


ランキングの応援よろしくお願いします




Japan | コメント(0) |
日本人よりも日本を愛するロバート・キャンベル氏に学ぶ
【 2021/06/05 06:42 】
日本人より日本が好きな?

日本文学者ロバート・キャンベル氏による講座に参加しました

IMG_8634_convert_20210602144439.jpg

キャンベルさんが

日本の中でも大好きだと言う「銀座」のお話や

日本の美術館は

緑に囲まれているので行くのがとても嬉しい

江戸名所についての歴史などなど

外国人の方にお話したら喜ばれそうなお話を色々お聞きしました


IMG_8642_convert_20210602144837.jpg


日本のおもてなしの心とは

お客様を”待っている間”から始まっている

旅館などでも

心地よい温度での温泉を中居さんがお客様のために

準備をして待っている

ここから”おもてなし”は始まっています

IMG_8639_convert_20210602145225.jpg


大好きだとおっしゃった銀座の地名はどこから生まれたのか?

なんと昔々この地では”貨幣”が作られていた事から

こういう名前になったんだとか


聴講者からの質問で

キャンベルさんが日本文化に興味を持ったきっかけは?との問いに

幼い頃学校である掛け軸を見たキャンベルさん

先生に意味を聞いたところ

「まずは日本語を勉強しなさい」と言われて

日本語をせっせと勉強された事から

日本の文化の奥深さに惹かれるようになったんだそうです


これはどの言語にも言えるでしょう

フランスの事を知りたければ

フランス語を学んでその奥深さを知る事


日本の素晴らしさ・東京の素晴らしさをよく外国の方から聞きます

私は外国が好きなので

海外に目が行きがちですが

せっかく日本人として日本に住んでいるので

日本の東京の文化についてもっと誇れるようになりたいですね



ランキングの応援よろしくお願いします



Japan | コメント(0) |
日本人の「過剰包装」はNG
【 2021/05/22 06:14 】
外国に旅行した時に買い物をすると

ポンと買った品物をラッピングもなしに渡され

日本との違いに少々驚いていたものです


最近では日本でも”エコ”の精神から

買い物にはエコバックを持参し

品物をそのまま手渡しされる事も珍しくなくなってきました


この日本人の過剰包装は「ラッピング」だけではなく

「言葉」や「身体」にも染みついているのだそうです


例えばよくプレゼンなどで使う言葉の「させていただく」


「お話します」で済まさずに「お話させていただきます」と言う

これを多用すると

コミュニケーションを取る相手との距離を作ってしまい

歯切れが悪くまどろっこしくなってしまう


又態度の面では

店員さんやCAなども”おもてなし”と評して

とにかく下手に出て謝り深々とおじきをしておく

これ、良い事のようで

案外日本全体が委縮モードに包まれているようだ

コミュニケーションスキルを1000人以上に伝えて来た方の見解です

28b6c610bcca35de291cc9692f203a8b_convert_20210519144332.jpg


世界各国を渡り歩くうちに

こうした日本人の過剰包装が目につくようになり

グローバルに対応していくためには

今のままではいけないと思われたそう


ではどうすれば良いか

1.過剰な口癖を直す(させて頂くみたいな)

2.ボディランゲージを大きくする(身振り手振りを大きく)

3.姿勢を良くして形からでも自信のある自分を表現して行く


よくよく分かりました

「過剰な包装紙」を取り外して行きましょう



ランキングの応援よろしくお願いします




Japan | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ