セーヌ河には学生食堂が♪
【 2018/07/07 15:32 】
パリのセーヌ河に13区の学食船=Oa Barge du Crous de Paris

最近話題となっているようです


IMG_1778-620x413_convert_20180626151522.jpg

CROUS(クルっス=地方学生支援センター)のロゴがキラリと光る

この大型船は

学生以外の一般市民でも利用OK

という事から沢山の市民の憩いの場となっているんだとか

couv854-1_convert_20180627113208.jpg

気になるお値段は

学生=3,25ユーロ(約416円)で前菜・メイン・デザートまで

その他の人=7,5ユーロ(約960円)

IMG_1786-620x413_convert_20180627113430.jpg

流石オシャレなフランス

甲板には黄色のデッキチェアが並び

今の時期には

サッカーワールドカップの観戦プログラムも

IMG_1784-620x413_convert_20180627113318.jpg


老夫婦や家族連れもリラックス

河べりの船の中で飲む

一杯4ユーロ(約512円)ビールは最高~

なんて声が聞こえてきそうです



ランキングの応援よろしくお願いします  


スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
フランスの50代思春期説
【 2018/06/26 14:30 】
今、50代が熱い!in France!これ、本当?

はい、本当のお話でございます


今フランスではQuincades=カンカド なる言葉が流行中


これは

50代を意味するquinquagenaire(カンカジュナール)

という言葉と

思春期を表すadolescence(アドルッサンス)

と言う言葉が合わさった造語なんです


ではどんな風に50代が熱いのでしょう


世界的に見ても平均寿命が伸びている昨今

1960年代に生まれた50代は若々しく

体力にもまだまだ自信がある


一昔前の50代と言えばもうおじさん・おばさんの域でしたが

なんせ今の50代は違います


そうこれからが彼らの“思春期”なのです

"カンカド”は自分を本気で若い・

まだまだ行けると思い込んでおり

精神年齢も若く、20~30代の恋人や友人を当たり前のように持っている

もちろん、SNSにも積極的で自分磨きに余念がない


こんな彼らを見て本物の若者(笑)はどう思っているのでしょう?

驚くなかれ彼らは彼らで

“カンカド”を認め

「極端な若作りでなければ別にいいんじゃない。辛気臭いよりはいい」


流石は個人主義の国フランス


又”カンカド“は精神的にも強い

アンケートによると彼らのほとんどは

「人生うまくいっている」

「自分は実際の年齢よりも若く見える」とプラス思考も半端ない

確かにフランスでは年齢を重ねたマダム・ムッシューの方が

ただ若いだけのティーンエージャーよりも魅力的とは言われているのですが

彼ら特に女性の“カンカド”達は

「今この50代からこそが人生のスタートラインの時」と考えており

日常を抜け出して旅に出る事も出来るし

タトゥーだってへっちゃら・・・と5人に1人は考えているんだとか


う~んステキですね~正直とてもいい!と思います


最後に“カンカド”と本物の若者の違いは?


この答は簡単ですね。それはズバリ!先立つもの、お金

ティーンエージャーにはもてない、自由に使えるだけのお金があり、

自分の子供にももう手が離れているので

日本人のように

親があれやこれやと成人した子供の世話を焼く事がありません

あなたはあなたで好きにして。私は私で好きにするから

みたいな感じでしょうか


よって自分のためだけにお金を使える


人生100年時代です。今や80代なんてまだお子様

“カンカド”なんて幼稚園児



ランキングの応援よろしくお願いします  




フランス日記 | コメント(0) |
海の国・森の国ブルターニュ
【 2018/06/24 06:24 】
今回のフランスお茶会のテーマは

「ブルターニュ地方」

年間で1000万人もの観光客が訪れるという

自然に恵まれた農業・漁業が盛んなブルターニュ

どんな特産物があるのでしょう


海の国でもあり森の国でもあるこの都市には

沢山の特産物があります


有名どころとしてはなんといってもそば粉・シードルでしょう

そば粉のガレットやクレープも有名です

9ca81739f52a1860a98566a39dad9137.jpg

シードルはリンゴのお酒ですが

ブルターニュにはなんと

シードル専用のリンゴの品種が植えられているそう

9bafe98a1962d2821a95aec0d58a4826.jpg

又そばの産地であるため

そば100%原料とする世界で一つの「そばウイスキー」なるものも

ウイスキーとくれば

そば100%ビールも造られているんだとか


農業国でもあります

お料理では大変有名な「ゲランドの塩」が特産物代表でしょう

良質な塩の産地であるため

塩スィーツ・塩バターキャラメル・塩クッキーなどなど

faa3e46b6ee6c87fec23e5d8ce52ed40.jpg

漁業も盛んなこの都市では

約8000人が漁業に携わっています


リラックス効果の高いタラソテラピーの発祥も

肌に大変良い成分が含まれている海藻

食べるだけではなく

シャンプーやバスソルトとしても人気の一つなんだそうです


う~んこうして見ると

実に沢山の特産物があるブルターニュ地方

フランスの中で人気があるのも納得です




ランキングの応援よろしくお願いします  



フランス日記 | コメント(0) |
パリからの脱出
【 2018/06/15 06:55 】
日本人にとって憧れの街であろうパリ

フランス人にとってもやはりパリは憧れの街
bbccdda6ec19fd5800e68e15c318b96a.jpg 

でもないようなアンケート結果が出ました



国立統計経済研究所の調査では

イル・ド・フランス(パリ近郊)から地方都市へ毎年23万人が移住する


管理職の方々でさえ

約80%がパリ脱出を希望し

実際に実行する人はなんと94%にも上るそう


更に56%の人は収入を減らしてでも

48%は職業を変えてでも35%は役職が低くなってもいい


なぜこんな結果が出たのでしょう?


その理由として挙がるトップ3は


💦通勤時間の長さ(通勤時間に約1時間かけているため)

💦物価が高い

💦住宅の問題


などのようです


因みにパリからどこへ移住したいのでしょうか


♡ボルドー

♡ナント

♡リヨン


が上位3都市となりました


やはりパリからそれほど遠くなく

交通の便も発達しており適度な自然もある

そんなところでしょうか


又どんな人達が移住をしたのか

そして実際の移住生活はどうなのか・・・についてお伝えします



ランキングの応援よろしくお願いします  



フランス日記 | コメント(0) |
写真修正告知はOui or Non?
【 2018/05/23 15:39 】
「写真は修整するもの」

今やどこかへ出かけたり何かを食べたりしたら

その場でパシャは当たり前の時代になりました


SNSに投稿する写真は

色々なアプリで簡単に修正出来ます


去年フランスでは

修正された写真を公共の場に公開する場合

修正されたものであることを表示しなければならないという法律が出来ました

反した場合の罰金は約500万円

ただし一般の人ではなく

モデルや有名人が対象なんですが

80ff239d08a1c7455517f9439e0e08cf.jpg


なぜこんな法律がお目見えしたのでしょう

タダでさえ細いモデル達が修正して更に細い写真を出す

若い女の子たちはこれを見て

自分もこんな風になりたい・・・と拒食症の子が増大

こんな不健全な事は辞めさせないとという

政府の方針なんだとか


そのかいあってか

最近のフランス女性たちは太りつつあるようで

「修正アプリで修正されているからこそこんなに細い脚なのよ」

という自分を納得させる安堵感も必要なんではないかと

言っている人もいるそうです


ただモデルの髪の色や鼻の形・肌のシミなどは対象外


パリのマダムたちの声として

モデルのありのままの姿を見たいというものも

多く聞かれました


さてあなたは写真修正はOKですか?

ちなみに私は色を明るくすることぐらいしかしていません



ランキングの応援よろしくお願いします  



フランス日記 | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ