期間限定「泡」のビーチが登場!
【 2017/03/23 11:46 】
会社独自の主張や感性などを1つのコンセプトにまとめ

それに沿った品揃えを行う店舗=コンセプトストア


コンセプトストアの元祖Collete(コレット)が

オープン20周年を記念してパリ装飾美術館内に巨大プールを設置しました

263be8a08b8316a6f1057966bb21a3e2_convert_20170322113318.png


この季節にプールと首をかしげたくなりますが

この”プール”は通常の水ではなく

リサイクルプラスチックで出来た泡のボールなんだとか

the-beach3-620x467_convert_20170322113609.png

プールサイドにはデッキチェアが置かれ

子供も大人も一緒に遊べリラックス出来ます


このビーチは3人の建築家によって構成され

「アートと建築の境界線での可能性をさぐる」がコンセプト

アメリカの幾つかの都市・オーストラリアでも行われ

今回フランスに初上陸しました


常に新しいブランドやものを発信し続けてきたコレット

この仰天ビーチも正に”コンセプトビーチ”となりますね






ランキングの応援よろしくお願いします





スポンサーサイト
フランス日記 | コメント(0) |
カーシェアサービスに違法判決!
【 2017/03/19 06:06 】
自家用車運転者が個人を乗せる有料サービスHeetch

パリ裁判所より違法行為という判決を下されました


このサービスで収入を得ている人はおよそ3万人

延べ50万人が利用していたと言われています


裁判所よりHeetch社には罰金20万ユーロ(約24,400,000円)

訴えを起こしたtaxi業者らには

44万3800ユーロ(約53億円)もの慰謝料支払いを命じました

heetch-620x343_convert_20170315155946.png

これに対してHeetch社側は

深夜帰宅の人(主に若者の利用者が多い)ため

役立っているサービスであることを主張しました

主張も空しく却下され一旦はサービスを停止

が負けてはおらず控訴する構えなんだそう


夜taxiがなかなか捕まりそうの無い時には

こういうサービスに頼りたくなるので

Heetch社に一票


ランキングの応援よろしくお願いします




フランス日記 | コメント(0) |
世界初の男女ペア立候補
【 2017/03/14 15:20 】
日本でもさんざん言われている「男女平等」

政治の世界では顕著で

女性の国会議員数が圧倒的に少ない


フランスではどうでしょう?


先進国で愛の国(関係ないか(笑))フランスはさぞかし・・・

と思いきや実際は日本とそう変わりはないよう


そんな中2015年には世界初「男女ペア方式」が

県議会選挙で行われました


これは候補者が男女ペアを組んで立候補するので

有権者は個別に投票するのではなく

そのペア一組に投票するという斬新なもの 

info-161118-01_convert_20170301154519.jpg


この結果

県議会が一挙に男女半々になったんだとか


もちろんすんなりとこの方式が取り入れられたわけではありません

地道な改革が功を奏し

男性にも男女同数の県議会委員システムを支持する人が増え

有権者の意識にも変化が

年配議員の中には

この機会に引退を表明した人もいたそうですが

最初抵抗していた男性議員も

最後には説得に応じてこの制度が生まれました


そのうちに日本でも

こんな男女ペアの選挙ポスターが見られる日が来るのでしょうか




ランキングの応援よろしくお願いします



フランス日記 | コメント(0) |
フレンチを和食で頂こうイベント in Paris
【 2017/03/09 06:46 】
2月27日に

フランスでは「日本の郷土食材を紹介するイベント」が開かれました

jetro1-620x465_convert_20170308154811.jpg

14社ものプロの料理店がブースを展示

来訪者は各ブースで試食が出来

中央テーブルでは

それらの食材を使った創作料理を味わう事が出来ます

f60a441b67c919c65149e3094936c4d3-620x465_convert_20170308160150.jpg

日本の伝統的な食材色々が

フランスのシェフ達の手によって思いもしない一品に仕上がる

そんな体験を通じて

日本の郷土の食材に注目をしてもらう


例えば

「鰹節とみかんのセビッチェ」なるものや

「菊芋のチップスと荏胡麻みそ」 「粉末醤油をトッピングしたティラミス」

「生わさびのクリームとパッションフルーツのクリーム」など

ソムリエに至っては

「かぼす酢+大葉パウダー+きゅうりのカクテル」

なんていうオリジナルカクテルも


食した人達からは

「たまり醤油とビーツの甘さの調和が好き」などのコメント

いい意味でのこうした裏切りを皆さん楽しんでいたようです


「食」は万国共通のテーマであり絆となりますね



ランキングの応援よろしくお願いします




フランス日記 | コメント(0) |
ゲイ雑誌の復活
【 2017/03/04 15:47 】
1995年に創刊されたゲイのカルチャー雑誌「TÉTU」

一時休刊となっていましたが

このほど”キオスク”にカムバックしたそうです

761177c4d993dff6282cffb3e0706b91-620x465_convert_20170302155043.jpg 

あのデザイナー界の巨匠YSLのパートナーである

ピエール・ベルジェ氏の出資のもと創刊されたこの月刊誌

内容も当然のことながら

政治家や著名人がカミングアウトし

同性愛について語ったり

選挙の候補者が

ホモセクシャルの権利遂行の政策を発表したりする

所謂コミュニティ雑誌となっているそう


今回発売された内容も

4月に行われる

フランスの大統領選挙の候補者エマニュエル・マクロン氏

彼のLGBTの権利に関するインタビューを掲載


ネット上での読者ビューが50万人と人気のため

紙版も復刻しました

そのお値段5.9ユーロ(約720円)なり~


雑誌復活パーティも行われるんだとか





ランキングの応援よろしくお願いします




フランス日記 | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ