FC2ブログ
外国人おもてなし語学ボランティア講座への参加決定♡
【 2019/02/20 11:30 】
東京都主催「外国人おもてなし語学ボランティア育成講座」

に参加する事になりました


これは

外国人が日本に来た時に英語で手助けをしたり

道案内を自ら率先して出来るようになるために受ける講座です


ボランティアのため各会場共に倍率がすごい


1月分も申し込んだのですが、

その時は落選してしまいました


外国人とのコミュニケーションの基礎知識や

異文化コミュニケーションについて学ぶ3,5時間

コミュニケーションを円滑にする・

日本文化やマナーについてなどの

やり取りができるようにする英語講座が8時間


結構ハードですが

兼ねてから大変興味があったもので

がんばろ~と張り切っています


外国語で外国人に日本の事を話したりすることをやりたい


そのために

4月には分野別の日本のあれこれを外国語で紹介したりする

講座を受けてみようかなぁ~と計画中です


もうすぐ春ですね~

気分はもうすっかり重いコートを脱いだ「春」です

c36c841be09c08010dc91c46e7bd4762_convert_20190220112038.jpg


ランキングの応援よろしくお願いします



スポンサーサイト
diary | コメント(0) |
親戚付き合いもお手の物 by フランス人
【 2019/02/17 16:35 】
年末・年始 実家に帰った方や

親戚が集まって・・・と言う方は多いのではないでしょうか

良く聞こえてくるのが「ちょっと面倒」という言葉

日本人だからなのか「個」を重んじるフランス人も


結論から言うと

フランス人は

相対的に自分以外の他人との距離感が上手だと思います

つまり親戚付き合いで疲弊しない


例えば80代のある女性

一人で生活をし普段はヘルパーさんの助けを借りて暮らす

時折訪ねてくる息子さんは様子を見に来るのみで

近くのカフェでのランチも一人


又ある60代の女性は

南仏に別荘を持ちこちらはご夫婦で生活

別荘と自宅を行ったり来たりし

独立された娘さんご夫婦が遊びに来る


どちらの場合も

子供には過度な依存はせず一人でも楽しめる


フランスでは日本のお正月がクリスマスシーズンなのですが

親戚が集っても

お姑さんはお嫁さんにあれこれを望まない


息子さん夫婦の自宅に訪れたある老夫婦

手土産には

料理が苦手なお嫁さんに対して

有名料理店でのお惣菜を持参

食事のセッティングは旦那様が担当するそう


それに対してもあれこれ嫌味などは一切言わない

片付けも子供たちが担当し

お嫁さんが奮闘しなくてはならないことはないのだとか


テーブルでは常にお嫁さんも会話に加われる

0fda024291c3a823870ab1e97da2c1dd_convert_20190113163145.jpg


この家族が特殊なのではなく

結構の数の家庭でこうなのだそうです


お嫁さんがテーブルにつけないと

会話にも加われずお正月やクリスマスが負担になってしまいます


このようにフランス人流だと

他人のライフスタイルには干渉せず

適度な距離を保つ

この姿勢はこれからの日本

益々必要になっていくのではないでしょうか



ランキングの応援よろしくお願いします  


フランス日記 | コメント(0) |
デンマーク流Hygee=ヒュッゲをしよう♡
【 2019/02/13 06:26 】
最近よく耳にする「Hygee=ヒュッゲ」

デンマークで取り入れられている

くつろげる・楽しめる時間の意味です


このHygeeは

自分にとっての心地良い時間を作りだす事で

時に友人や家族とゲームをしたり

一人で瞑想をしたり

果ては見知らぬ人と会話をしながら楽しんだり・・・と大変幅広い


このHygeeのお話とデンマークのライフスタイルについて聞いて来ました

IMG_2166_convert_20190211153247.jpg

日本とデンマークの比較をしていたわけではありません


デンマーク人は日々の生活の中で

小さなことも「これも幸せだ」と思える


他人と意見や考えが合わないのは当然の事なので

それを否定するのではなく

受け入れてお互い様を実践する


そこはゆったりと時間が流れており

街のあちこちにキャンドルが置かれているそうです


いつも自然体でいるので

相手に期待をし過ぎてしまう事もない


年齢を重ねた人

小さい事でも自分にとってのHygeeを見つけようとし

コミュニティやイベントなどにも

積極的に入って行くことが出来る人が

やはり誰にも依存しない穏やかな楽しい老後を過ごせているようです


日本人のように上司に言われたから黙って引き受けるのではなく

納得するまで質問もする

やりたくないから質問するのではなく

これを何故自分がやるのかの意義を聞くのだそう


これは理解できるなぁ~と思いました


お話聞いていて思ったのは

ゆとりと余裕が心にないとなかなか出来ないので

自分が心地良いから

他人がどう思うおうと良いというゆとりを持つ事が大切ですね


イベント終了後に

2人のデンマーク人とも英語でお話をし友達になりました

もう少し英語力が必要!(笑)


帰りには

お友達になった人数人とティータイム

皆さんデンマーク愛に溢れまくりでした

私もフランス話を披露しました


海外の話は

聞くのもするのも楽しい~



ランキングの応援よろしくお願いします  


diary | コメント(0) |
パリにオープンした「無料レストラン」
【 2019/02/10 06:05 】
2016年今から3年前の統計ですが

フランスの人口の14%が貧困層に属しているのだそうです

一見豊かに見えるフランスでも

貧困は大きな課題です


そんな中2017年にパリはマドレーヌ寺院の地下に

「無料」のレストランがオープンしました


店内は石造りでオシャレなランプとお花がテーブルを彩ります

f-04-nww_convert_20190207142641.jpg


このレストランを展開したのは

3つ星シェフマッシモ・ポットウーラ氏

イタリアで高級レストランを営んでいます


このレストランで働く従業員もボランティア

と言ってもその経歴たるや実に様々

大学教授だったり広告業界で働く女性だったり

難民としてパリにやって来た学生と社会の縮図のよう


ここに訪れるお客様は

ホームレスや難民・貧困生活を送っている人達

そんな彼らが

誰彼となく相席をしお喋りを楽しむ

ここでは地位・階層は関係ありません


提供されるお料理

前菜にフレンチトーストwithズッキーニ

メインに鶏肉と野菜の煮込み

デザートにはクレームの赤い果実添えと

全く普通のレストランと違いはないものです


このレストランが

こういった人達に無料で料理を提供しているのは

ほどこしではありません


目的は

恵まれていない彼らに

「尊厳」を取り戻してもらう事なのです


ここでは3つ星シェフもホームレスも同等

かのアラン・デュカスも以前はホームレスにお料理を出していました


ホームレスであるお客様でも

3つ星シェフに平気で美味しくなければ「まずい」と言う

これこそが

このレストランの目的である「尊厳」を取り戻す事なのです


社会的地位で壁を作らず

それぞれの視点で意見交換をする


そんな自尊心を作る事を目指して

今日も3つ星シェフは

”ソーシャル・ガストロノミー・ムーブメント”

(食を通して社会問題に取り組む運動)に精を出します




ランキングの応援よろしくお願いします  


フランス日記 | コメント(0) |
いい女の代名詞♡フレンチマダムを見習え
【 2019/02/06 11:31 】
若さだけに縛られるのではなく

年齢を重ねるごとに美しくなっていくいい女

それがフレンチマダムです


ccc8d6999a3aee3e42412c37b5e046b5.jpg


フランスと言う国は

その人のまとっている情報(性別・年齢・仕事・結婚の有無・子供の有無)には無頓着

その人自身を見ます


よってフレンチマダムは自分自身を磨くことに余念がありません


そんなフレンチマダムが

幾つになっても”いい女”でいられるのはなぜでしょう


 オシャレのワードロープはベーシックカラーが基本

これはブランド品や流行にこだわらず

黒・白・ベージュの3色でオシャレをするという事

意外にも結構長く一つのお洋服を着ています


 食べる事・飲む事こそが人生の楽しみ

家族や恋人との食事の時間をたっぷりと取る


 オシャレで一番気を遣うのはランジェリー

フレンチマダムはセクシーさが売りなので(笑)

見えない部分のオシャレを大切にします


 メイク自体は至ってシンプル

あれこれとメイクにこだわらず自分の素顔を受け入れるそう


 結婚の有無・子供の有無にこだわらない

結婚してるしもういい歳だから・・・などとは考えず

幾つからでもステキな恋愛が始められると考えている


いや~このパワー見習いたい


この5つのキーワードさえ押さえておけば

立派なフレンチマダム風いい女になれる事請け合いです



ランキングの応援よろしくお願いします  



フランス日記 | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ