自分ってまだまだだなぁ・・・
【 2017/10/19 11:14 】
フランス語を勉強し始めてからずっと習っている先生より

私の発音で気になる部分があるから一度レッスンをしましょうと

言われました


今は12月に受ける英語版TOEICのような試験TCF

この試験の過去問題をフランス人講師と勉強中です


どんなに長文を発音させられるのか・・・と怯えていたところ(笑)

出されたテキストは意外にも簡潔な文章

「これならしっかり読めるぞ!」とある程度の自信を持って発音したところ

先生の配点はなんと30点

自己採点では70点だったのに・・・


先生曰く

私が生徒さんに教えている立場でなければ

70点いや80点でもいいですとの事


でも今回のこのレッスンで

今迄なんとな~く曖昧に発音していたリエゾン・アンシェヌマンがハッキリと理解出来

記号の付かない「e」の発音やその他もろもろスッキリしました


最初に私に”教えてみたらどうか”と提案してきたのは

他でもない先生です


”教える”という事の大変さを

再認識させられたけれども

一方ですごくいいレッスンでもありました


何年・何十年と経っても「師」には頭が上がりません




ランキングの応援よろしくお願いします  





スポンサーサイト
diary | コメント(0) |
日本人にとっての”自然”とは?
【 2017/10/16 14:13 】
日本に移住しているある欧米人

「日本には四季折々の美しい”自然”があり

日本人はそれを大変愛でているので

さぞかしキャンプや野外活動が好きなのだろう」

と思っていたそうです


ところが想像とは違い

所謂”手つかず”の自然を好む日本人はほとんどいない

という事に気が付きました


大体の欧米人の好む”自然”とは

手つかずの雄大な川や広大な草原であり

日本人が好む”自然”は

キレイに整えられた自然である

決して未開の原生地などではない

3585c1cb988fcb5a84be3239c5b04427_convert_20170920122642.jpg


これはどうしてだろう?と考えた結果

思いついたのは

日本では自然災害が頻繁に発生する

つまり日本はこうした災害と常に共生しているからだ・・・


欧米人が思う”自然”とは日本人にとっては恐怖であり危険である


”整った自然”であれば

自然と繋がりながら季節の変化をなんの恐れもなく楽しめる

よって風景式庭園や盆栽・生け花などが安心して味わえる自然である


私自身は幸せなことに

自然の怖さを体験したことがありません

それなので欧米人が思う

雄大な山脈や川などに”自然”を感じ癒されてきました


どちらが本物の自然か・・・ではなく

日本人にとっての自然と

欧米人にとっての自然のとらえ方の違いがここにあります





ランキングの応援よろしくお願いします  




Japan | コメント(0) |
フランス流接客態度は好きですか?
【 2017/10/09 06:14 】
「お客様は神様です

日本人の接客業に携わる人ならば

この言葉を肝に銘じている事でしょう


フランスではそんな意識はないようです


あるフランスの古書店での話

フランス人の本収集家がそのお店に行きました

当然そのお客は上得意客であるわけですが

店主はなんと愛想のない事

ただ上得意客にもみ手をするような態度も見せない代わりに

一見さんにも邪険な接客はしない

つまりプロとして正当な商い行為のため

主と客はあくまでも対等だという事なんだそう


私もパリに行った時それを感じたことがありました

日本の接客態度に慣れていると「えっ?」と思いがちですが

こんな考え方もあるのです

あなたはどちら派ですか




ランキングの応援よろしくお願いします  



フランス日記 | コメント(0) |
リヨンぶらり街散歩
【 2017/10/04 11:36 】
Institut Francais=日仏学院主催の

「リヨンぶらり街散歩」キャンセル待ちからの参加してきました


IF.jpg

lyon.jpg

2時間たっぷりフランス第3の都市リヨンの魅力について

写真を見ながらお話を聞き

最後1時間でフランス人からのレッスンを受けるというもの

bibliotheque.jpg


リヨンは見どころ満載の都市

非常に分かりやすいのが特徴なんだとか


レピュビリック通りにカフェやプランタン(デパート)などが混在し

リヨン美術館・オペラ座・ローヌ河・ミュゼ・デ・ゾドマット(ミニチュア置物の美術館)

ガロ・ロマン劇場・ブルヴィエール・ノートルダム大聖堂・テッド・ドール公園などなど


リヨンのだまし絵は以前にこのブログでも紹介しましたが

川べりに沢山あるそうです


そしてなんといってもリヨンは絹の街

エルメスのような高級スカーフから

リーズナブルでもオシャレなスカーフなど種類は山のようにあるよう


に関しては

「ブッション=豚肉にレンズ豆が添えられた

少々脂っぽいリッチな贓物料理」が郷土料理として有名です


リヨンもステキな街のようですね~


フランス人によるフランス語レッスン

これは

私が今月末に行うフランスお茶会のプチレッスンの大いに参考となりました


キャンセル待ち申し込みだったのですが

色々な意味で違ったフランスの魅力に触れられました





ランキングの応援よろしくお願いします  



diary | コメント(0) |
ライフデザインをシェア
【 2017/09/27 11:53 】
先日参加した「マインドフルネスヨガ

その会で

自分のライフデザインを語って皆でシェアしましょう

というコーナーがありました


選ばれた一人が5分間

世界観・ストーリー・シェア出来る事に留意して

自分の伝えたい事をプレゼンテーションする


私も5分プレゼンやってきました


語ったのは

「私の視点から見たフランス、フランス人のいい所・悪い所・日本との違い」です

パリに留学した時のおかしかった話や

旅行に行った時の嬉しかったこと・ノースマイルで対応されたことなどなど


最後に

「自分とは違う他者(民族性や言語、考え方など)を受け入れられたらいいな」

で締めくくりました


以前は例え数名でも人前でプレゼンテーションをする事に緊張をしていたのですが

今はある程度の内容を考えスピーチする事を楽しめるように


友人に「皆の顔を見ないでプレゼンしている」と言われたので

この頃では意識的に一人ひとりの顔を見ながら話すようにしています


プレゼンをすることは

特に私のフランス語レッスンと関係はないかもしれません

でも機会があればなんでもやってみる

その事が自分のキャパを広げられると思っています



ランキングの応援よろしくお願いします  




diary | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ